NIKUMAN総回診

ポン酢付けりゃうまい

プラダを着た悪魔 The Devil Wears Prada 見たぽよ。

正月に帰った時、実家から大量にDVDを持ってきた。

 

9割が映画で、1割がキテレツ大百科のDVD。

f:id:nikkumann0803:20200203044033j:plain

(余談ですが「コロ助」と検索するときに「殺す」という言葉を一瞬経由しなければならないのが恐ろしかった)

 

 

 

私はずっと映画が苦手だった。

 

 

それには理由がある。

 

 

実は弟がいるのだが、これが私と全くソリが合わず、実家にいた頃、同じ家に住んでいながら10年間ほど全く会話をしなかった。

食事を一緒にしていても何一つ話さないし、テレビを家族で見ていても同じタイミングで笑うことは無い。

 

 

 

中が本当に悪いとケンカにすら至らないのだ。米国とイランはまだマシな方だと言える。

 

 

その結果というか生まれつきというか、弟の好きな物は嫌いになるという歪んだ性格が私には宿っていた。

弟がアメを舐めれば私はアメを放りだし、弟がアメトークを録画すれば私は二度とアメトークを観ない。

弟がメタルギアにハマれば私は小島監督が苦手になったし、弟がガリガリ君を毎日食っていたせいで私は知覚過敏になり棒アイスが食べられなくなった。

 

 

 

 

 

そう、弟の大好きなものの一つが映画だっだのだ。

 

弟はヒマさえあれば映画を観ていた。その結果私は映画を観るだけで吐き気を催してしまうようになってしまった。

 

 

しかし私が一人暮らしを始め、弟と関わることが全くなくなって数年たった今、なんとか私の映画嫌いはマシになってきた。

 

そこで今回映画を部屋に持ち込むに至ったのだ。

 

 

 

 

 

 

そんなクソほどどうでもいい私の家庭事情は置いておいて、

 昨日見たのは「プラダを着た悪魔

f:id:nikkumann0803:20200203044511j:plain

 

 

非常に良い映画だった。

 

 

内容はよくある感じで、仕事が忙しくなった主人公が、恋人や友達と仕事のどっちをとるか悩む

みたいな。

 

f:id:nikkumann0803:20200203044421p:plain

 

 

 

あらゆる哲学が盛り込まれていて、演出は拘りぬかれたスタイリッシュなものであり、ストーリーも単純ながら心打つものであった。

 

 

 

 

しかし、、、、、、、、、

 

 

 

 

どうしても気になる点が一つあった。

 

 

 

 

 

主人公にはずっと付き合っているコック見習いの彼氏がおり一途に愛していたのだが、仕事が忙しくなってケンカをし終盤で一度別れる。

 

f:id:nikkumann0803:20200203044641j:plain

 

まぁ結局一週間ほどでヨリを戻すことになるのだが、主人公はなんとその一週間の間に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気をブチかましてしまうのだ‼

 

 

 

東出昌大もビックリの見事な浮気である。

 

 

 

 

 

ジャーナリストが夢である主人公は、出会ったばかりの有名スーパーオシャレイケメンライターみたいな男になんと見事に抱かれてしまうのだ。

f:id:nikkumann0803:20200203044748p:plain

 

 

 

食事に誘われ、パリの洒落た店で酒を何杯も飲まされ、帰り際美しい小道で口付けを迫られる。

 

 

主人公は一度は拒否するものの、スーパーオシャレイケメンライターの見事な口説き文句に篭絡され、最終的に

 

 ダメよ いけないわ

I can't. I'm sorry, I can't,,,,,

 

ネイトと別れたばかりだし、、

You know, Nate and I just split up a couple of days ago, 

 

ワインを飲み過ぎたみたい、なんだか私、頭がぼーっとして、、、

I've had too much wine and my hearing vision,,,,,

Judgement's impaired.

 

あなたの事まだよく知らないし、ここは知らない街だし、、、、

No, I barely know you. I'm in a strange city.

 

 

 

 

もう、、、、、言い訳が無くなった。。。。。

I am out of excuses.

f:id:nikkumann0803:20200203050435j:plain

 

とか言って口付けを許し、部屋に連れ込まれてしまう。

 

 

 

 

 

 

オイイイイイイイイイイイイイイイイイ

f:id:nikkumann0803:20200203050217j:plain

何やってんだアアアアアア

 

 

いやーーービックリした。

まあ正確には別れているので浮気ではないわけだが、

あんなに彼氏の事を愛していたのに一体何なのよともうワケがわからなくなってしまった。

 

 

その上である

 

 

 

 

 

ラストシーンの復縁の場面で彼氏と喫茶店らしき場所で話をするのだが、イケメンとヤッちまったことには一切触れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内緒かよ!!!!!!!!!!!

f:id:nikkumann0803:20200203044957j:plain

 

 

 

 

 

 

いやまぁ、、、、、、言うのもおかしいんだけど、、、、、、

 

 

「いやー実はオマエと別れてるちょっとの間にイケメンとヤッちまってさ」

なんて言い出したらオカシイのはわかるけどさ

 

言わないほうがみんな幸せだっていう事はわかるけどさ

 

 

 

 

 

なんかさ、、、、なんかさ、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

切ないよね。。。。。。。

 

 

 

 

f:id:nikkumann0803:20200203050800p:plain

 

 

世界一の食い物、ラーメン。

(酔っています!!)

 

 

 

先週土曜日、例に漏れず私はラジオ収録へと向かった。

 

このラジオも始まって早4か月。

 

ラジオ中私は未だグダグダの話を連発しており、パーソナリティ3人とその知り合い以外聞いていないのではないかと予想している。

 

 

私には5分のコーナーが割り振られているのだが、

毎回何を言って良いかわからず、そこで話す話題を自分で書いたこのブログから拾うという意味不明、奇々怪々な行動を繰り返している。

 

 

「これは絵師が自分の描いた絵でシコるという所謂「自家発電」とさも似たり。」と自分の中では思っている。

 

 

 

まぁそんな事はさておき、パーソナリティとしてはグダグダでも、京都から東京に向かいまた戻ってくるという身のこなしのみは板に付いてきた。

 

航路はもう完全に定まっている。

 

土曜日の朝9時46分、深草の高速バス乗り場からJR高速バスに乗り込み、

一つ目の休憩所、「甲南バスターミナル」でトイレに行き、ミニッツ冥土のアップルジュースとランチパックのメンチカツ味を買い、バスの中で食らう。

 

バスの中でその日の収録で流す曲と話題を適当に決めながら寝ていると16時40分頃、町田バスターミナルへと到着。

 

電車を乗り継ぎ笹塚に向かい、18時より収録開始。19時半頃終了。

 

東京駅へと向かい、マクドナルドでアップルパイとコーヒー(計200円)を食らいながら時間を潰す。

 

22時頃、東京駅鍜治橋駐車場から夜行バスへと乗り込み、地獄の時間を過ごす。

 

翌朝5時、京都駅到着。すき家で牛丼を購入し帰宅。

これにて一件落着。

 

 

 

 

 

 

乗るものも食うものも毎回完全固定、まさにルーチンワークと化している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、先週の土曜は違った。

 

京都駅に帰ってくるまでは全く同じだった、

 

朝五時、バスから降りる。当然バスでは寝られるワケもなく、寝ている奴を見て「なんだコイツ。どんだけ鈍感なんだ。羨ましいワ」とか思いながら6時間ほど暗闇で何もできず過ごした末の到着。

 

そんな瞬間ケータイがピカピカと光り、ラインが入る。

 

 

彼女「今から家行くから、京都駅で七時くらいまで待っといて」

 

 

…...

 

 

ボロボォロの体で待つ私。無駄にデカすぎる京都駅の中で小さすぎる私。

 

 

ケータイの充電も切れ、店にはシャッターが下りている。

 

早朝京都の刺し殺すような寒さの中、謎のベンチに座り何もせず時間を潰す。

 

「無限かよ」と何度も呟いた。

 

 

正直、待つのではなく「先に帰っとくから勝手に来てくれ」と言おうかと思った。

 

それが当たり前だ。もはや体力の限界が来ている。

 

 

 

そんな中私を引き留め、苦行の道を選ばせたのは、

 

 

 

そう

 

 

 

 

 

第一旭

f:id:nikkumann0803:20200131041747j:plain

 

 

 

 

第一旭は、京都駅真横にあるラーメン屋さんである。かなり有名。)

 

 

 

私は、ルーチンワークで朝五時に京都駅に着くたび、

第一旭の前を通り過ぎ、それが6時に開くことを知っていた。

 

 

ギリギリでタイミングが合わないことを悔しく思い、いつか朝ラーメンをキメてやりたいと思っていたのだ。

 

 

 

丁度いいと思った。

 

その欲望と極寒の中何もせず2時間人を待つ苦行を秤にかけ、前者を選んだのだ。

 

 

思い返せば、私は前日ランチパックとアップルパイしか食っていない。

 

 

 

 

 

七時になり、彼女がやってくる。

 

速攻で第一旭に向かう。するともう10人ほどが並んでいて驚いた。

 

 

10分ほど待ち、中に入り、ラーメンを食う。

f:id:nikkumann0803:20200131041822j:plain

 

 

 

 

食いながら、私は思った。「これは実は、世界一の飯ではないのか。」

 

当然うまいのはもちろん、目の前には彼女がおり、朝からラーメンを食べるというゴージャスな状況。

 

2時間も野外で待ったせいで体は冷え切っており、腹はペコペコ。

 

そんな中の、湯気立ち込めるラーメン。

 

 

私は思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態で食うラーメンを超える食べ物は、

存在するのだろうか。

 

 

この先、そんなものに出会えるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、無い。

 

 

 

 

 

 

今が人生で一番幸せな瞬間だと気付き、この先これを超える瞬間は無いと悟った時、

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメンを食いながら私は誰よりも不幸になった。

 

 

 

 

 

 

サッサと死のうと思った。

 

(完)

 

 

f:id:nikkumann0803:20200131042031p:plain